いきいき職場づくりでワーク・ライフ・バランス実現!静岡県わくわく働くナビ!

働き方改革先進企業

長時間労働の削減、生産性向上等「働き方改革」を進めることは、企業の「経営戦略」の一つです。
「働き方改革」を先進する課題解決実践企業を紹介します。

ダイバーシティ経営

配管部品、工場機器部品、冷凍冷蔵庫機器部品の製造井上機工株式会社

井上機工株式会社
所在地
富士宮市杉田1138
代表者
井上芳久
業種
配管部品、工場機器部品、冷凍冷蔵庫機器部品の製造
従業員数
235名 (男性/161名  女性/74名  60歳以上/85名 外国人/0名)
取り組み
経験豊富な高齢者×好奇心旺盛な若手 ふたつのパワーで会社をもっと強くする
電子ブック
詳しく見る »

「採用難と治工具の内製化が課題」

※写真をクリックすると拡大表示されます

治工具の製作を外注していたが、受注増加とともに外注コストが増加したため、治工具を内製化するという方針を打ち出した。若手技術者の採用が難しかったため、代わりに高い技術を持った高齢者を採用することとした。
※治工具…作業効率を上げるための作業工具

「高い技術を持つシニア層を積極採用」

富士市・富士宮市全域の新聞折り込み広告で、治工具製作の技術者募集をかけたところ、経験豊富な高齢者から予想を上回る数の応募があった。人材が眠っていることに気づき、高齢者採用に踏みきった。工作室の空調設備も新調し、高齢者が働きやすい環境づくりに注力した。

「コストダウンだけでなく、若手に技術継承」

治工具の内製化で受注から製品製造までの時間が大幅に短縮でき、コストダウンとなったほか、若手社員への技術継承も活発に行われている。また、高齢者の増加は労災リスクが高まるのではという課題に対応するため、社内の安全確保の見直しを実施。結果、他の社員の安全性も高まった。

一覧にもどる一覧にもどる