いきいき職場づくりでワーク・ライフ・バランス実現!静岡県わくわく働くナビ!

働き方改革先進企業

長時間労働の削減、生産性向上等「働き方改革」を進めることは、企業の「経営戦略」の一つです。
「働き方改革」を先進する課題解決実践企業を紹介します。

ソフトウエア開発株式会社ソフトウェアプロダクツ

株式会社ソフトウェアプロダクツ
所在地
浜松市東区長鶴町158-1
代表者
伊藤定典
業種
ソフトウエア開発
従業員数
48名(男性35名/女性13名)
取り組み
ひとりひとりが健やかに 100%の力を発揮できる環境整備のために

働き方改革のステップ

「取組みのきっかけ」
がむしゃらに働くことが当たり前だった時代。社長が体調を崩した際、健康の大切さが身に沁みたと同時に、このままの状態では社員が壊れてしまうと危惧。企業理念「惚れる会社」になるため、2015年ワークライフバランス・健康経営に着手。

「目指す姿」
「長時間労働=頑張っている証」という間違った認識を改め、ワークライフバランスの実現と円滑なコミュニケーションのなか、社員ひとりひとりが100%のパフォーマンスができる職場環境を整備する。

推進担当者からのコメント

※写真をクリックすると拡大表示されます

代表取締役社長 伊藤定典

「取組みの工夫、苦労した点など」
最初は、「こうしたらどうか」と提案してはみるものの、取組み内容が曖昧な部分もあり、なかなか浸透しませんでした。
スムーズに進み始めたのは「経営統括チーム」の発足後。今はミーティングで出された提案をしっかりと具現化し、定着させていける風土もできてきました。

「働き方改革 これからの課題と取組み予定」
若手社員6名からなる「オレンジプロジェクト」が、2018年1月に誕生。企業理念をふまえ、ワークライフバランスやキャリアプランなど「理想の社員像」を自主的に検討する機会を月に1度のペースで始めました。今後は、人事評価に「オレンジプロジェクト」からあがってきた新たな価値観の項目を取り入れる予定です。

トップの考えを具現化する人材がいない

「惚れる会社」とは、顧客や株主はもちろん、社員やその家族、地域、すれ違う人々などすべてから愛されるという意味を持つ。まずは、社員にとって‟働き甲斐のある企業”を目指し取組みを進めるべく、管理グループに経営統括チームを発足。まずは、健康を意識した取組みと、時間外労働の削減と社内コミュニケーションの活性化に着手した。

年代に関係なく活用され、心も体も健やかになる取組みを試行錯誤

※写真をクリックすると拡大表示されます

過去、法人契約したスポーツジムを利用するのはごく一部の社員のみ。大半の社員が座り仕事だということを鑑み、社員全員が活用できる取組みとして、毎日15時から15分間、休み時間とは別に体を動かすことを目的とした「リフレッシュタイム」を導入した。運動器具は社員が持ち寄ったものもあり、卓球台は若手社員に人気。社屋の周りをウォーキングする者も多い。

ノー残業デー&コミュニケーションデーで社員同士のつながりを強化

※写真をクリックすると拡大表示されます

「コミュニケーションデー」と銘打った社員会を月に1度開催。研修やディスカッション等を行っている。また、月1回のノー残業デーも設定。2018年には、レクリエーション委員による手作りの運動会を開催。よりいっそう絆が強まった。

「時間で働く」価値基準を廃止したい。目指すは生産性UP!

※写真をクリックすると拡大表示されます

“やめよう”から由来したタイトル「やめ4(やめよん)プロジェクト」を2018年11月にスタート。自分の業務からなくしたり短縮できたりしそうな4項目を掲げ、意識的に実施することで生産性の向上や効率化UPを図ることが目的。期末までに達成度を上司に報告、チームごとの結果発表を行う。

成果や変化

月35時間を超えていた時間外労働は、2017年度には平均残業時間15.5時間にまで削減。社内サークルが3つ立ち上がり、社内コミュニケーションもより円滑になった。また、「健康経営優良法人」としても、2017年、2018年と連続して経済産業省より認定を受けた。

一覧にもどる一覧にもどる