いきいき職場づくりでワーク・ライフ・バランス実現!静岡県わくわく働くナビ!

  • TOP
  • 事業報告

事業報告

静岡県わくわく働くナビ!では、静岡県ワーク・ライフ・バランスの推進事業を行っています。
こちらではワーク・ライフ・バランス取り組みの事業報告をご確認頂けます。

令和3年度

令和3年度テレワーク等導入研究会事業

働き方改革関連セミナー

令和3年度テレワーク等導入研究会事業

新型コロナウイルス感染症の拡大を契機に、新しい働き方としてテレワークが注目されています。うまく活用している企業がある一方、導入後に取りやめてしまう企業も少なくありません。 令和3年度は、テレワークの必要性やメリット、デメリットを様々な視点から解説するとともに、実際に活用している企業や専門家からテレワーク導入時の課題とその対策や、ツールの具体的な活用方法等を学ぶセミナーを開催しました。 各セミナーの動画は静岡県HPで公開しています。(令和4年4月末まで)
https://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-210/terework.html

令和3年度女性役職者育成セミナー

女性役職者育成セミナー

令和3年度女性役職者育成セミナー

令和3年度女性役職者育成セミナーでは、女性自身の意識や能力の向上を図るとともに、企業に女性の人材育成と役職者への積極的登用を促すため、女性役職候補者向け、役職者となっている女性向け、女性部下を持つ経営者・上司向けの3種類のセミナーを開催しました。

令和3年度静岡県労働法セミナー

労働法セミナー

令和3年度静岡県労働法セミナー

令和3年度の労働法セミナーでは、「労働法制の基礎」、「安全衛生や多様な働き方に関する法律の実務」をテーマとして、大学准教授、社会保険労務士を講師に迎え、関係法の基礎から最新情報のポイント、実務上の注意点などを分かりやすく解説していただきました。  新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、会場開催は中止し、オンラインセミナーを実施するとともに、事前申込者に対してセミナー動画を限定公開しました。

令和3年度「働き方改革・ダイバーシティ経営セミナー」

働き方改革関連セミナー

令和3年度「働き方改革・ダイバーシティ経営セミナー」

企業を持続的に発展させるためには、長時間労働の是正や生産性向上等の「働き方改革」と、多様な人材が活躍できる環境整備や活躍促進のための「ダイバーシティ経営」が必要不可欠です。  組織の風土改革、業務改革に数多くの実績を持つ有識者と県内の先進企業の事例から学ぶオンラインセミナーを開催しました。

令和2年度

令和2年度女性役職者育成セミナー

女性役職者育成セミナー

令和2年度女性役職者育成セミナー

令和2年度女性役職者育成セミナーでは、女性自身の意識や能力の向上を図るとともに、企業に女性の人材育成と役職者への積極的登用を促すため、女性役職候補者向け、役職者となっている女性向け、セミナーや経営者・上司向けの3種類のセミナーを開催しました。

令和2年度テレワーク機器体験会、導入セミナー・個別相談会

働き方改革関連セミナー

令和2年度テレワーク機器体験会、導入セミナー・個別相談会

新型コロナウイルス感染症が拡大を続ける中、新しい働き方としてテレワークを導入する企業が増加しています。一方で、テレワークを取り入れることでのメリット、デメリット、アフターコロナを見据えた働き方、会社の体制作りなど、真にテレワークを理解しないまま導入すると、形だけの導入になってしまうことも少なくありません。  今回は、実際にツールを使用しながらテレワークを学ぶ「機器体験会」に始まり、テレワークを体系的に学べる「テレワーク導入セミナー」、その後講師や相談員との「相談会」を1日で体験できる形で、県内3エリアで開催しました。

令和2年度「働き方改革・ダイバーシティ経営セミナー」

働き方改革関連セミナー

令和2年度「働き方改革・ダイバーシティ経営セミナー」

With/Afterコロナは、働き方を改めて見直し「新たな働き方改革」に取り組む好機です。これからの時代に必要とされる多様な人材が活躍できる環境・風土・制度改革の成功の秘訣を、有識者や先進企業から伺いました。  なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大対策のため、WEBセミナー形式で開催しました。

令和2年度静岡県労働法セミナー

労働法セミナー

令和2年度静岡県労働法セミナー

令和2年度の労働法セミナーでは、「労働法制の基礎」、「多様な働き方に関する法律」、「労務管理・職場環境に関する法律」をテーマとして、大学准教授、労働局職員、社会保険労務士を講師に迎え、関係法の基礎から最新情報のポイントを、分かりやすく解説していただきました。  今年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、会場での受講者は会場の定員の1/3に削減しましたが、代わりにウェブ会議アプリ「Zoom」を使用して初めてセミナーのウェブ配信を行い、延べ369人(会場:209人、ウェブ160人)の受講者がありました。

令和元年度

平成30年度